自治会旅行に貸切バス

自治会や町内会、あるいは老人会や子供会など様々なグループで旅行をする、という機会はあると思います。こういった場合、「どのように移動するのか」というのは1つ大きな懸念事項となることでしょう。それでは、こういった旅行の際、どのような移動手段を考えることができるでしょうか。

まず考えることができるのは公共交通機関の利用です。これらの利用は高速で利用することができるものの、ダイヤが決まっているために自分たちのスケジュール自体を合わせなければなりません。当然、独自のルート設定などを行うことができないというデメリットがあります。

次に考えられるのが自家用車やレンタカーの利用です。この場合、ドライバーが必要になるため、担当になった人に対する負担が強くなってしまうというデメリットがあります。

これらの両者の問題を解決することができる移動手段として「貸切バス」があります。貸切バスは個人でも予約を行うことができるため、十分旅行の際の移動手段の選択肢として考えることができます。

それでは、貸切バスを利用する場合どのようなメリットがあるのでしょうか。まず最初のメリットとして挙げられるのが、集合地点を自由に設定することができるという点です。通常であればバス停や駅などが集合地点となってしまい、地域によってはここでの集合が行いにくいということがあります。貸切バスであれば、町内会ならばその町内会の公園などを集合地点として利用することができるようになり、より気軽に参加できるようになります。

次に、経由地点や目的地などを自由に設定できるというメリットがあります。旅行プランを交通手段に合わせるのではなく、交通手段の方を旅行のプランに合わせることができるため、自由な旅行プランを組み立てることができるのがメリットです。

さらに、安い料金で利用できるというメリットもあります。意外に思われるかもしれませんが、貸切バスの利用料金というのはそれほど高額ではありません。各自でレンタカーを借りて移動する場合と比較すれば、安く利用できる場合も多くあるのです。

さらにこの利用料金については、予約の方法などによって安くなる可能性があります。早めに予約をする場合には料金を割引くという、いわゆる早割サービス制度を採っている会社も多いため、早めにプランを立てることができる場合には利用を検討してみると良いでしょう。繁忙期などでも、早めの予約ならば予約が取りやすくなります。