学校行事で貸切バス利用

学校の行事の中でも、移動が必要になる機会はいくつかあります。たとえば部活動の遠征などがその1つとして考えられるでしょう。合宿がある場合も移動が必要です。このような部活の遠征や合宿の場合には、どのような方法で移動するのが良いのでしょうか。

まず考えられる移動手段となるのは、やはり公共交通機関でしょう。高校生や大学生になると、公共交通機関であっても問題なく移動できる場合が多いですが、小学生や中学生では、まだまだ子供で行動を制御がしにくいため、公共交通機関では教師が対応に困ることも少なくありません。乗り換えや乗り継ぎなどの方法も難しくなるため、手間や時間がかける移動方法でしょう。

そのような手間や時間を減らし、簡単に移動できる方法として、貸切バスを利用する方法あります。
貸切バスであれば、教師と生徒だけで移動することができるため、周囲の一般利用者に対して配慮をする必要がありません。乗務員の方に迷惑をかけない範囲でという注釈こそつくものの、車内で比較的自由に過ごすことが可能です。部活の場合は、遠征先での話を車内ですることもできますし、試合に向けての作戦会議を行うこともできるでしょう。このように目的地までの移動時間に、じっくりと話をすることができることもメリットの1つとです。

また、部活によっては荷物が多い場合もあります。その場合も公共交通機関では持ち込みが難しく、手間になる可能性があります。しかし貸切バスであれば、事前に人数と荷物に合わせて利用するバスの大きさや台数を決定することができるため、滞りのない移動ができるというメリットがあるでしょう。

さらに、多くのバス会社において学生団体割引が行われています。そのため、学校でのイベントを目的として利用する場合、通常よりも安く利用することが可能です。予算が限られている部活であっても利用しやすい移動手段となるでしょう。学生団体割引があるバス会社をあらかじめ調べておくことをおすすめします。

貸切バスの運転手はプロのドライバーであるため、学校にとってはもちろん、保護者にとっても安心の移動手段でしょう。引率をする教師の負担が少なくなることもメリットです。

部活で利用する他には、学校の行事で利用する際にも検討することが可能です。たとえば修学旅行や社会科見学などの場合においても、貸切バスは有効利用することができるでしょう。
席順が自由に決められる、クラス別でバスを取ることが簡単なのもメリットの1つです。